チャットレディーのお仕事

ライブチャットは、風俗店で働くお仕事ではなくパソコンを使って男性ユーザーを相手にWEBカメラを使ったライブチャット(オンラインチャット)をすることで稼ぐことができるお仕事です。ライブチャットで働く女の子は「チャットレディー」と呼ばれ、自宅で空いた時間で副業としてやっている女の子もいれば、会社が用意した専用の個室(チャットルーム)でやる女の子がいます。

チャットレディーのお仕事は、いかに男性客と長い時間チャットをするかが非常に重要になるため、通常のチャットの他に、洋服を脱いだりオナニーなどエッチなことしながらお客さんを飽きさせずにチャットをしていくことになります。
別に服を脱がなくてもエッチなことをしなくてもチャットを長くしてもらえれば稼ぐことができるので、稼ぐためのやり方は本人次第と言えます。

ライブチャットで働く女の子は自宅でもできますが、多くは会社が用意したお部屋に出勤して働いている女の子がほとんどです。自宅のような部屋を用意しているので、お客さんは自宅でやっていると勘違いしているのです。中には主婦や人妻さんが昼間の空いた時間を使って自宅でチャットレディーとして副業していることもあります。

チャットレディーで働くメリット
チャットレディーですので、風俗店のようにお客さん相手にサービスをするお仕事ではないので、お客さんに触られることもなくキスをする必要もありません。キャバクラみたいにお酒を飲む必要もありません。また、オンラインですので24時間いつでも好きな時間で働くことができます。
お給料は完全歩合のところが多いので、頑張ればそれなりに稼ぐことができます。在宅で働くこともできるので主婦や田舎の女の子でも稼ぐことができます。

チャットレディーで働くデメリット
ライブチャットはオンラインのため、いつお客さんがチャットをしてくれるのか分からないので、待機している時間が長いということがあります。利用者もあまり多くないため、まったくお客さんが見にきてくれず、待機だけで終わってしまうということもあります。
ライブチャットで働くなら
チャットレディーのお仕事は、お客さん相手にサービスをしなくてもいいので楽して稼ぎたいと思った女の子たちが働いていますが、思った以上に稼ぐことができず辞めてしまう人が多いようです。人気のチャットレディーだとかなり稼げているみたいですが、稼ぐためにそれなりに努力や工夫をしているので、まったくの初心者が安易な気持ちで働いてもあまり稼ぐことはできないようなので、よく考えてから応募するようにしましょう。