ピンサロのお仕事

ピンサロ(ピンクサロン)は、セクキャバと同様の飲食店扱いのお店になりますが、抜きサービスがあるので唯一の飲食店扱いの風俗店になります。そのため店内には専用の個室がなくお客さんはソファーでボックス席のように区切られたスペースで女の子からサービスを受ける形になります。簡易なパーティションやカーテンなどでかろうじて個室っぽくなっているお店もありますが、ソファーのみというお店が多いのでほぼ丸見え状態でサービスをすることになります。

飲食店扱いですので、お客さんにはお酒やソフトドリンクが無料もしくは有料で提供されますが、キャバクラのような接客をほとんどする必要はなく、あいさつ程度の会話をしたらすぐに服を脱いでもらいサービス口や手を使ってサービスすることになります。

ピンサロで働くメリット

ピンサロはファッションヘルスやデリヘルなどと違い、濃厚なサービスを行うような風俗ではなく、お客さんの目的な手っ取り早く抜きたいということなので、楽しい会話をする必要がなく、ただひたすら口と手を使ってフィニッシュしてあげるだけなので、会話が苦手な女の子や体をじっくり触られるのが嫌な女の子には最適です。店内が暗く大音量の音楽が流れていてお客さん1人当たりの時間が短いので、お客さんとじっくり対面することがあまりないので、容姿などはそこまで重要ではなくなります。
さらに「花びら回転システム」があるお店だと20分~30分と短い時間の中で、1人のお客さんに対して女の子が2人や3人が順番にサービスを行うので手抜きをしてもバレることはありません。このためピンサロの多くは時給制であることが多いのでお客さんがいなくても安定したお給料を稼ぐことができます。

ピンサロで働くデメリット

ピンサロは専用の個室がないためシャワーもありません。消毒液を付けたおしぼりで拭く程度なので衛生面を考えると不衛生な状態でサービスを行わなければなりません。お客さん一人当たりの時間が短いため、一日でたくさんのお客さんをお相手しなければならないので、病気が移されるリスクが高いというこがあります。
指名料のバッグはありますが、基本、時給制なので頑張った分だけ稼げるというわけでもありません。したがって風俗のお仕事の中でも、あまり人気のないお仕事になっているようです。

ピンサロで働くなら

ピンサロにもいろいろなお店があるので、働く前にどんなことまで許されているお店なのかを確認する必要があります。また店内が暗いため、お客さんが頭を押さえつけたり本番行為を強要したりと強引なことをする人がいるようです。店長や従業員がしっかりしているお店ならチェックをしてくれますが、適当なお店だと野放しにされることもあります。また衛生面もしっかりしているお店とそうではないお店があるので、お店選びは慎重になる必要があります。

セクキャバのお仕事

セクキャバのお仕事

セクキャバはキャバクラと同様、飲食店で男性客相手にお酒や会話をする接客業のお仕事ですが、キャバクラやガールズバーと違い、キスやお触りなどイチャイチャすることが許さるお店なので飲食系の夜のアルバイトの中でも最も稼ぐことができるお仕事です。

呼び名がたくさんあり正式な名称がないため、セクキャバ(セクシーキャバクラ)・セクパブ(セクシーパブ)・おさわりパブ、おっぱいパブ(おっパブ)など人によって呼び名が違います。北海道(すすきの)だとキャバクラと呼ばれているお店がセクキャバ系のお店でもあり、関西ではサロンと呼ばれることもあります。ランパブ(ランジェリーパブ)は衣装がセクシー系なだけでお触りは基本NGなお店なので、セクキャバとは違います。

セクキャバの働くメリット

イチャイチャできたりお触りができるパブ(キャバクラ)がまとめてセクキャバに分類されますが、お店によってシステムが違ったり、セクキャバの中でもハード系のお店からソフト系のお店まであります。ハードになればなるほど女の子は多くのお給料を稼ぐことができますが、セクキャバでは抜きサービスをすることはありません。抜きサービスを行うお店(抜きキャバ)もありますが、こちらはピンサロに分類されることになります。

したがって、抜き行為をしないお仕事なので風俗(夜のお仕事)の中では比較的ソフト系のお仕事だけど稼げるお仕事になります。キャバクラのお仕事で稼ぐためには、容姿と接客が命なのに対し、セクキャバだと容姿もそこまで必要なく会話などもそこまで求められないため会話が苦手なキャバクラ不向きの女の子でも余裕で稼ぐことができます。また、ドレス代やヘアメイク代などかける必要がないので、出費を抑えることができます。

セクキャバの働くデメリット

セクキャバは上半身は裸にならなければならず、さらにお触りが許されているので胸を揉まれることは我慢しなければなりません。また、キスも基本OKのお店が多いのでお客さんとのキスも我慢しなければなりません。お触りされるのはいいけど、キスが嫌でセクキャバを辞めてしまう女の子は多いようです。
下半身へのタッチはNGというお店が多いですが、触りたがるお客さんが多いようで制止するのも大変なようです。お仕事に慣れてくるとキスをやんわり断る方法を覚えたり、下半身に触りたがるようなマナーの悪い客にも冷静に対応できるようになるみたいですが、はじめたばかりの女の子は大変なようです。

セクキャバで働くなら
セクキャバにはいろんなお店があるので、働く前にどんなサービスを行うお店なのかを知っておかなければなりません。過激なお店だと下半身タッチが許されていたり指入れまでできるようなお店もありますし、ノーパン接客が基本のお店もあります。セクキャバで働くのならソフト系のお店でイチャイチャできる程度のお店を探すのがいいかもしれません。

キャバクラのお仕事

キャバクラのお仕事

キャバクラは女の子の夜のアルバイトとしては一番人気のお仕事で、まずはキャバクラからスタートする女の子はたくさんいます。お客さんの横に座ってお酒を飲みながらお話をするのが主な仕事内容です。売れっ子のキャバ嬢になると月に100万以上稼ぐ女の子もいます。もはやアルバイトではなく、専業としてキャバクラで働く女の子も多く、貯めたお金で自分でお店を開業する人もいます。
お酒を飲めなくても働くことができますが、お酒を飲めた方が稼げますし会話が苦手な女の子には大変なお仕事かもしれません。

キャバクラで働くメリット

飲食店ですので、エッチなサービスをする必要はなく、服を脱ぐこともありません。さらにお酒が飲めないということにしておけば、ソフトドリンクだけで大丈夫なお店がほとんどです。また容姿やスタイルは重要ですが、美人やカワイイ女の子だけが稼げるということではなく、容姿やスタイルに自信がなくても会話が気遣いなどに長けていれば多くの指名客を取ることができます。

キャバクラのお給料は時給+歩合というお店がほとんどなので、指名が取れなくても時給だけは稼ぐことができます。指名やドリンクなどの歩合がプラスされれば、さらに稼ぐことができます。週に1回か2回の勤務だけでも大丈夫なお店も多くあるので、週末のみなど自分の好きな時に働くこともできます。

キャバクラで働くデメリット

キャバクラ嬢は女の子同士の競争が激しいお店なので、女の子によって時給が違います。あまり人気のない女の子であれば、時給が上がらないのでなかなか稼ぐことができません。
また、女の子に対してノルマを設定しているお店も多く、本指名や場内指名の回数だったり、同伴の回数などがノルマに満たないとペナルティが課せられることがあります。遅刻や無断欠勤でもペナルティが課せられることもあります。
お客さんから多くの指名を取るためにキャバ嬢はお金をかけなくてはならず、ドレス代やヘアメイク代などが必要になります。しかし指名が取れなければ出費だけがかさんでしまうということもあります。指名を取るために、営業の電話だったりメールなども必須になるなど、キャバ嬢は意外と大変なお仕事でもあるのです。

キャバクラで働くなら

キャバクラで働くならお店選びが非常に重要になります。全然お客が来なく今にも潰れそうなお店が結構多くあります。そんなお店で働いてしまうと、働きたくても出勤が制限されてしまったり、最悪の場合、給料を払ってくれないということもあります。また店長によっても厳しいお店か、そうではないお店に分かれます。
時給がいいお店が決して良いお店とは限らないので、まずは体験入店で働いてみてそれから考えるのがいいかと思います。