デリヘルのお仕事

デリヘル(デリバリーヘルス)は無店舗型風俗の代表的な風俗店で、お店には店舗がありませんので、女の子(デリヘル嬢)をお客さんのところまで派遣(デリバリー)してサービスを行います。派遣先はお客さんの自宅であったり、ラブホテルかシティホテル・ビジネスホテルで基本的にはお店の専用ドライバーによって指定の場所まで送迎してもらいます。待ち合わせ型のデリヘルの場合だと、お店の待機所近くに待ち合わせ場所があるので徒歩で待ち合わせ場所に行き、お客さんと合流して一緒にラブホテルに向かいます。

デリヘルで働くメリット

デリヘルは店舗型風俗と違い、営業時間を自由に設定できるので24時以降も営業することができます。24時間営業のデリヘルも多くあり、好きな勤務時間を選ぶことができます。深夜しか働けない女の子や、朝の早い時間からお昼までといった変則的なシフトにも対応してもらえます。深夜から早朝にかけての風俗はデリヘルしかないので、その時間帯を利用する男性客は独占することができます。

ここ最近の風俗はデリヘルが中心といったエリアが多くなっているので、お店の数は風俗店の中で一番多く、激安店から高級店、学園系から人妻・熟女系までたくさんのジャンルのデリヘル店があるので、自分に合った良い条件のお店を探すことができます。

デリヘルで働くデメリット

デリヘルはお店専用の個室で男性客にサービスを行うのではなく、自宅かホテルに出張して男性客に会うことになるのでトラブルがあった場合に対応してくれるスタッフがいないので少し心配な点があります。よくあるトラブルには、本番行為を強要してきたり、シャワーを浴びてくれず不衛生なお客やなかなか帰してくれないお客さんなどがいます。風俗を利用する男性客は、紳士的でマナーの良いお客さんもいますが、お酒を飲んで酔っ払いの人が多いので気をつけなければなりません。

デリヘルは店舗数が多いという面ではお店選びに困ることはありませんが、ライバル店舗が多いためあまりお客が取れないデリヘルも多くあります。お客が取れないデリヘルで働いてしまうと指名も取れないので稼ぐこともできなくなります。最悪なケースとしては、ちゃんとお給料を払ってくれないお店もありますので注意が必要になります。

デリヘルで働くなら

デリヘル業界はライバルが多い分、価格競争も激しいので激安店で働けば多くの指名を取ることはできますが、お客さん1人当たりの単価が低いので多くのお客さんを相手にしないと稼ぐことができないということもあります。
しかし、高級デリヘルで働いたとしても人気がなければ指名が取れないので稼ぐことができません。さらに高級店になると採用基準は厳しくなるので、なかなか採用してもらえないということもあります。デリヘルはたくさんのお店があるので、焦らずに総合的に判断して自分に合ったお店を探すようにしましょう。