ファッションヘルスのお仕事

ファッションヘルスはソープ・ピンサロ以外の店舗(個室)がある風俗店のことをまとめてファッションヘルスと呼ぶのが一般的で「店舗型ヘルス」や「箱ヘル」とも呼ばれています。九州や福岡・中洲では「トクヨク」と呼ぶこともあります。

ファッションヘルスのお店には必ず受付と個室があり、お店によってはシャワー付きの個室の場合もあります。風俗の基本がこのファッションヘルスで、内容は一緒にシャワーを浴びてベットでリップサービス、そして手コキか素股でフィニッシュとなります。ファッションヘルスの中でもコスプレやシチュエーションを重視したお店は「イメクラ」、マットプレイのサービスがあるお店は「マットヘルス」とまた別のジャンルとして扱われることがあります。

多くのお店では、基本コースは40分~90分でロングコースということはあまりありません。そのため料金は1万円~2万円と手頃な値段で遊ぶことができます。お客さんは必ず受付で支払いを済ませ、パネル指名か本指名を行います。そのため安心して利用することができます。

ファッションヘルスで働くメリット

ファッションヘルスは店舗型風俗店であるので、ほとんどのお店で自分専用の個室があります。その個室で待機したりお客さんと会うことになるので、デリヘルと違い移動することはありません。お客さんの自宅や知らないホテルに一人で行くこともないため、風俗嬢としてはとても安心なお店と言えます。また、常に男性スタッフが店内に常駐してくれるため、何かトラブルがあっても対処してもらえます。
シャワーがあるのでピンサロと違い衛生面が良く、ソープランドのような特殊なサービスもないので風俗店で働くなら一番おすすめと言えます。

ファッションヘルスで働くデメリット

ファッションヘルスは営業時間が深夜0時までと決まっているため、デリヘルのように深夜営業ができないので働く時間(シフト)が限られてしまいます。そのため好きな時間だけ働くという子はできません。多くの風俗店がデリヘルやホテヘルになってしまっているため、店舗があるヘルス店は全国的に少なくなってきています。そのため希望する勤務地(エリア)にはお店がないということが多くなり、希望するお店が見つからないということがあります。