ホテヘルのお仕事

ホテヘル(ホテルヘルス)はデリヘル同様、お店は店舗を持たない風俗店なので女の子(ホテヘル嬢)はラブホテルかレンタルルームを利用してお客さんにサービスを行います。デリヘルの場合だとお客さんの自宅にも出張しますが、ホテヘルはお店側が指定したラブホテルのみになるホテル専門の風俗店になります。

ホテヘルで働くメリット

ホテヘル店は店舗は持っていませんが、受付所を雑居ビルの一室などに構えています。したがってお客さんは、まず受付を済ませてから近くのラブホテルに案内される形になるので、受付所周辺のラブホテルを利用することになります。デリヘルだと出張範囲内であれば女の子は遠くても行かなければなりませんが、ホテヘルだと待機所周辺のラブホテルのみになるので移動がほとんどありません。

お客さんはまず受付で予約する必要があるので、泥酔している客や怪しい客などは受付の段階で断ってもらえるので危なそうなお客に遭遇するケースはデリヘルより少なくなります。また、自宅への出張もないので、その点でもデリヘルのお仕事より安心があります。自宅への出張は結構トラブルが多く、部屋が汚かったり盗撮される危険性もあるので女の子にとっては避けたい場所なのです。

ホテヘルで働くデメリット

ホテヘルもデリヘル同様、お店専用の個室でサービスを行う風俗店ではないので、トラブルがあった場合はすぐにお店のスタッフが駆けつけてくれる店舗型風俗店のようにはいきません。お客さんの自宅へは行かないのでデリヘル嬢よりはトラブルが少ないですが、それでも注意が必要です。

ホテヘル店の多くは、デリヘルとしても営業しているお店が結構あります。深夜になるとデリヘルとして営業していたり、違うお店の名前で同じ女の子をデリヘルとホテヘル両方で営業していてデリヘル嬢としてお客さんのホテルまで派遣させることもあります。デリヘルの方が圧倒的にお客さんが多いので、デリヘルがメインというホテヘル店が多いようです。

ホテヘルで働くなら

ホテヘルもデリヘルでもお仕事内容やお給料などにあまり変わりはありません。したがってデリヘルで働くのとホテヘルで働くのもあまり変わりませんが、ホテヘル店の多くは比較的大きなラブホテル街周辺で営業しているのでエリアが限定されるので、お店の数はそこまで多くありません。良いお店がすぐに見つかればいいですが、見つからなければ、まずはデリヘルで働きながら、良い条件のホテヘルを探していくのがいいと思います。