キャバクラのお仕事

キャバクラのお仕事

キャバクラは女の子の夜のアルバイトとしては一番人気のお仕事で、まずはキャバクラからスタートする女の子はたくさんいます。お客さんの横に座ってお酒を飲みながらお話をするのが主な仕事内容です。売れっ子のキャバ嬢になると月に100万以上稼ぐ女の子もいます。もはやアルバイトではなく、専業としてキャバクラで働く女の子も多く、貯めたお金で自分でお店を開業する人もいます。
お酒を飲めなくても働くことができますが、お酒を飲めた方が稼げますし会話が苦手な女の子には大変なお仕事かもしれません。

キャバクラで働くメリット

飲食店ですので、エッチなサービスをする必要はなく、服を脱ぐこともありません。さらにお酒が飲めないということにしておけば、ソフトドリンクだけで大丈夫なお店がほとんどです。また容姿やスタイルは重要ですが、美人やカワイイ女の子だけが稼げるということではなく、容姿やスタイルに自信がなくても会話が気遣いなどに長けていれば多くの指名客を取ることができます。

キャバクラのお給料は時給+歩合というお店がほとんどなので、指名が取れなくても時給だけは稼ぐことができます。指名やドリンクなどの歩合がプラスされれば、さらに稼ぐことができます。週に1回か2回の勤務だけでも大丈夫なお店も多くあるので、週末のみなど自分の好きな時に働くこともできます。

キャバクラで働くデメリット

キャバクラ嬢は女の子同士の競争が激しいお店なので、女の子によって時給が違います。あまり人気のない女の子であれば、時給が上がらないのでなかなか稼ぐことができません。
また、女の子に対してノルマを設定しているお店も多く、本指名や場内指名の回数だったり、同伴の回数などがノルマに満たないとペナルティが課せられることがあります。遅刻や無断欠勤でもペナルティが課せられることもあります。
お客さんから多くの指名を取るためにキャバ嬢はお金をかけなくてはならず、ドレス代やヘアメイク代などが必要になります。しかし指名が取れなければ出費だけがかさんでしまうということもあります。指名を取るために、営業の電話だったりメールなども必須になるなど、キャバ嬢は意外と大変なお仕事でもあるのです。

キャバクラで働くなら

キャバクラで働くならお店選びが非常に重要になります。全然お客が来なく今にも潰れそうなお店が結構多くあります。そんなお店で働いてしまうと、働きたくても出勤が制限されてしまったり、最悪の場合、給料を払ってくれないということもあります。また店長によっても厳しいお店か、そうではないお店に分かれます。
時給がいいお店が決して良いお店とは限らないので、まずは体験入店で働いてみてそれから考えるのがいいかと思います。