ピンサロのお仕事

ピンサロ(ピンクサロン)は、セクキャバと同様の飲食店扱いのお店になりますが、抜きサービスがあるので唯一の飲食店扱いの風俗店になります。そのため店内には専用の個室がなくお客さんはソファーでボックス席のように区切られたスペースで女の子からサービスを受ける形になります。簡易なパーティションやカーテンなどでかろうじて個室っぽくなっているお店もありますが、ソファーのみというお店が多いのでほぼ丸見え状態でサービスをすることになります。

飲食店扱いですので、お客さんにはお酒やソフトドリンクが無料もしくは有料で提供されますが、キャバクラのような接客をほとんどする必要はなく、あいさつ程度の会話をしたらすぐに服を脱いでもらいサービス口や手を使ってサービスすることになります。

ピンサロで働くメリット

ピンサロはファッションヘルスやデリヘルなどと違い、濃厚なサービスを行うような風俗ではなく、お客さんの目的な手っ取り早く抜きたいということなので、楽しい会話をする必要がなく、ただひたすら口と手を使ってフィニッシュしてあげるだけなので、会話が苦手な女の子や体をじっくり触られるのが嫌な女の子には最適です。店内が暗く大音量の音楽が流れていてお客さん1人当たりの時間が短いので、お客さんとじっくり対面することがあまりないので、容姿などはそこまで重要ではなくなります。
さらに「花びら回転システム」があるお店だと20分~30分と短い時間の中で、1人のお客さんに対して女の子が2人や3人が順番にサービスを行うので手抜きをしてもバレることはありません。このためピンサロの多くは時給制であることが多いのでお客さんがいなくても安定したお給料を稼ぐことができます。

ピンサロで働くデメリット

ピンサロは専用の個室がないためシャワーもありません。消毒液を付けたおしぼりで拭く程度なので衛生面を考えると不衛生な状態でサービスを行わなければなりません。お客さん一人当たりの時間が短いため、一日でたくさんのお客さんをお相手しなければならないので、病気が移されるリスクが高いというこがあります。
指名料のバッグはありますが、基本、時給制なので頑張った分だけ稼げるというわけでもありません。したがって風俗のお仕事の中でも、あまり人気のないお仕事になっているようです。

ピンサロで働くなら

ピンサロにもいろいろなお店があるので、働く前にどんなことまで許されているお店なのかを確認する必要があります。また店内が暗いため、お客さんが頭を押さえつけたり本番行為を強要したりと強引なことをする人がいるようです。店長や従業員がしっかりしているお店ならチェックをしてくれますが、適当なお店だと野放しにされることもあります。また衛生面もしっかりしているお店とそうではないお店があるので、お店選びは慎重になる必要があります。