セクキャバのお仕事

セクキャバのお仕事

セクキャバはキャバクラと同様、飲食店で男性客相手にお酒や会話をする接客業のお仕事ですが、キャバクラやガールズバーと違い、キスやお触りなどイチャイチャすることが許さるお店なので飲食系の夜のアルバイトの中でも最も稼ぐことができるお仕事です。

呼び名がたくさんあり正式な名称がないため、セクキャバ(セクシーキャバクラ)・セクパブ(セクシーパブ)・おさわりパブ、おっぱいパブ(おっパブ)など人によって呼び名が違います。北海道(すすきの)だとキャバクラと呼ばれているお店がセクキャバ系のお店でもあり、関西ではサロンと呼ばれることもあります。ランパブ(ランジェリーパブ)は衣装がセクシー系なだけでお触りは基本NGなお店なので、セクキャバとは違います。

セクキャバの働くメリット

イチャイチャできたりお触りができるパブ(キャバクラ)がまとめてセクキャバに分類されますが、お店によってシステムが違ったり、セクキャバの中でもハード系のお店からソフト系のお店まであります。ハードになればなるほど女の子は多くのお給料を稼ぐことができますが、セクキャバでは抜きサービスをすることはありません。抜きサービスを行うお店(抜きキャバ)もありますが、こちらはピンサロに分類されることになります。

したがって、抜き行為をしないお仕事なので風俗(夜のお仕事)の中では比較的ソフト系のお仕事だけど稼げるお仕事になります。キャバクラのお仕事で稼ぐためには、容姿と接客が命なのに対し、セクキャバだと容姿もそこまで必要なく会話などもそこまで求められないため会話が苦手なキャバクラ不向きの女の子でも余裕で稼ぐことができます。また、ドレス代やヘアメイク代などかける必要がないので、出費を抑えることができます。

セクキャバの働くデメリット

セクキャバは上半身は裸にならなければならず、さらにお触りが許されているので胸を揉まれることは我慢しなければなりません。また、キスも基本OKのお店が多いのでお客さんとのキスも我慢しなければなりません。お触りされるのはいいけど、キスが嫌でセクキャバを辞めてしまう女の子は多いようです。
下半身へのタッチはNGというお店が多いですが、触りたがるお客さんが多いようで制止するのも大変なようです。お仕事に慣れてくるとキスをやんわり断る方法を覚えたり、下半身に触りたがるようなマナーの悪い客にも冷静に対応できるようになるみたいですが、はじめたばかりの女の子は大変なようです。

セクキャバで働くなら
セクキャバにはいろんなお店があるので、働く前にどんなサービスを行うお店なのかを知っておかなければなりません。過激なお店だと下半身タッチが許されていたり指入れまでできるようなお店もありますし、ノーパン接客が基本のお店もあります。セクキャバで働くのならソフト系のお店でイチャイチャできる程度のお店を探すのがいいかもしれません。